45歳でのアーリーリタイアを目指す

リタイア資産を貯めるため、支出記録を残し備忘とする

人事異動の季節

おつかれさまです。 当方でも人事異動が発令されました。

肺炎になった時の備忘録

おつかれさまです。 新型肺炎の話題が持ちきりですが、普通の「肺炎」も侮れません。

ダイソーの100円ハンドグリップで握力50㎏突破

おつかれさまです。 頼るものすがるもの無き弧男において、筋力維持は行動意欲低下の予防に極めて重要であると考えております。

ジョージ秋山先生の「銭ゲバ」

おつかれさまです。 ゼニカネ話の好きな方には、ジョージ秋山先生の「銭ゲバ」をご一読される事をおすすめします。

元保険屋 私の自動車保険と保険料(40代 20等級のケース)

おつかれさまです。 誰かの、そして何かの役に立つかもしれませんので、私の自動車保険の内容と保険料を公開いたします。

お年玉支出、平均2.6万円

おつかれさまです。 弧男の私はお年玉出費は安定の「ゼロ」です。親戚付き合いのある方は頭の痛い問題でしょうね。

2020年 目標と方向性

おつかれさまです。 一年の計は、、、元旦は過ぎちゃいましたが年初という事で立ててみました。

クリスマス私感

おつかれさまです。 私は幼少期、ヒネたガキでしたので、いまだにプレゼントのやり取りが苦手です。

私はおそらく満足度の閾値が低い

おつかれさまです。 私は貧乏性のため、高いものを買ったからと言って満足するかというとそうでもないことが多いです。

昔受けた詰め込み教育が意外と役立っている件

おつかれさまです。 悪く言われることの多い「詰め込み教育」ですけれども、私は意外とそれが役に立っている感があるので否定しません。

小市民的アーリーリタイアを目指すに必須(?)「物持ちの良さ」

おつかれさまです。 アーリーリタイアを目指す多くの方の一番の関心事はやはり「金融資産が自分の死ぬまで持つかどうか」といったところではないかと思います。

私がやってみて効果があったダイエットについて②

おつかれさまです。 Testosterone氏のマクロ管理法、私の場合強烈な効き目がありました。40代。今6か月目で体重65キロ→59キロ。身長は172㎝。

私がやってみて効果があったダイエットについて①

おつかれさまです。 当然ながら人間誰しも平等に年月を重ねますが、私もご多分に漏れずといいますか、30代後半からは急に体重の増えるスピードが早くなりました。 私は身長172㎝です。身長だけでベスト体重がどうのこうのというつもりはありませんが、一般的…

2019ふるさと納税① 玄米30キロ

おつかれさまです。 今年もこの季節がやってまいりました(利用自体は年中できますが)。 ふるさと納税、もうだいぶ周知され、利用している方も増えてきたのではないでしょうか。 サラリーマンや事業所得のある人向けのイベントという感じもするこのふるさと…

5,000万 アーリーリタイア

おつかれさまです。 Googleで「5,000万」と入力すると、マンション販売に関するページや準富裕層などの解説記事に混じって、「アーリーリタイア」や「セミリタイア」の記事が検索結果として出てきます。 5,000万円…キリがいい数字ですしわかりやすく、かつ普…

図書館では落ち着いて勉強できないタイプ

おつかれさまです。 先日見た光景で改めて感じたことを書きます。 私はよく、図書館に足を運びます。 昔から活字を読むのが苦ではなく、文章を乱読するのが結構好きです。 (文章をかくのはヘタクソですが) そんな図書館で、当然のように見る光景があります…

小売業という業界①

おつかれさまです。 多くの方が生活の糧を得る手段として、サラリーマン・パート・アルバイトなど何らかの給与所得者として働かれているのではないかと思います。 (もちろんご自身で経営されている方も多数いらっしゃるかと思いますが) 私あぐりたは、現在…

新卒で小売はやめとけよ

おつかれさまです。 私はもともと本当に世間知らずで、学生の時には特に何に興味があるというわけでもなく、就職の時には特に業界研究をするでもなく、当時アルバイトをしていたコンビニのローソンの経験の延長線上で進路を決めました。 「上場している会社…

極楽湯でもキャッシュレス

おつかれさまです。 私は結構、スーパー銭湯(というかサウナ)が好きです。 就職したてのころ、もう約20年も前になるのですが、新入社員研修中に同期に誘われ、その時初めてスパ銭を体験しました。 根が田舎者なので、当時はサウナがどんなものか、という事…

ブログ開設にあたって

おつかれさまです。 2017年春頃、仕事上でのいろいろな苦悶から現実逃避をし始め、 ネット上をさまよっている中で「セミリタイア」という概念を知り、 昨今ではそれを実現するためにどうするかを毎日考えている 「あぐりた」と申します。 世代的にはいわゆる…