45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

大人になってもテレビゲームはやるとか思ってたのに

※最初に断っておきますが、今回の内容は大人(ここでは概ね30代以降の方)でゲーム好きの方を貶める意図は全くありませんので悪しからず。

 

私は昔テレビゲームが大好きでした。小学校2年生の時、親戚の叔父がファミコンを買ってくれてから大学卒業する23歳まで、ゲームボーイスーファミPCエンジン(CDROM2含む)・プレステ・サターンとハードを買い、暇なときはそりゃぁもう結構な時間を費やしたと思います。ゲームの誘惑に勝てず勉強が疎かになり一浪したようなもんです。

 

高校生の頃友人との会話の中で「ゲームを何歳までやるか」という話題が出たことがありました。私は正直「5~60歳くらいまではやるかも」と思いつつも多感でシャイな時期でもあり、友人の前でそれをストレートには言えませんでしたが、中には「死ぬまでやるよ」と平然と言う奴も居たし、「お前らまだゲームなんかやってんのかガキくせーな」なんて宣う奴もおりました。

 

そんな私も今では40代となり、ゲームハードは1台も所持しておらず(実家の押し入れにはありますけど)、スマホにゲームアプリは1つも入っていません。ダウンロードや検索したことすらありません。ポケモンGOがやたらと流行っていた頃に周囲に勧められてダウンロードしましたが、個人的にちっとも面白く感じず3日でアンインストールしました(重ねて言いますが好きな方を非難揶揄する意図は全くありません)。

 

この心境の変化って何なんでしょうね。RPGドラクエ・FFとスーファミの頃までは全てやっていたのに、ドラクエもFFも7以降ははぼやっていないに等しいです。社会人になってから20代半ばの頃(発売から数年は経って捨て値だったので)、中古でどちらも買ったのですが結局はクリアせずじまい、たぶん今でも実家の押し入れ奥底に眠っています。

 

忙しかったから、というわけでもないんですよね。多分ゲームをやろうと思えばする時間はあったんですけど、なぜかやる気が起きない。昔はゲームメーカーの新作情報や新ハードの情報なんかを見るたびに「すごく発売が待ち遠しい!」なんて感じだったんですが、その熱は20代後半には急速に顕著に冷めていきました。

 

小売業に就業しているくせに販売の現場からはかなり遠ざかってしまったため、今では現役のゲームハードが何なのかという知識すら怪しいです。3DSはまだ現役でソフトは出てるんですかね?PS3はさすがにもう終わったのかな?マジでこんなレベルですが、調べる事すらしないし、そんな気持ちも湧いてこないという。

 

ごくたまーに「信長の野望」などのコーエーもの(しかも武将風雲録とか天翔記)をPCに突っ込んで起動することはあるんですけど(以前このブログでも記事にしました)、1時間もやるとその時点での状況が良くても悪くても「もういいわ」ってなってしまうように。

 

30代や40代の方でもゲームやっている方は多数いると思いますし、それを非難する気など全くありません。むしろ羨ましいとすら思ってしまうんですよ。自分もあんなに好きだったんですから。逆にこの自身の心境180度転換は一体何なんだぜ?

 

こんな私でもリタイアして時間が出来たら、またゲームがしたくなる日が来るんでしょうか?いや、来ないような気がするなー。でも、「真・女神転生」や「ドラクエ3」とかなら出来るような気もする。

 

多分、新しいものを取り込む感性が弱くなってるんでしょうね。えっ?それってつまり老化じゃん⁉ヤレヤレですなぁ…。