45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

極楽湯でもキャッシュレス

おつかれさまです。

 

私は結構、スーパー銭湯(というかサウナ)が好きです。

 

就職したてのころ、もう約20年も前になるのですが、新入社員研修中に同期に誘われ、その時初めてスパ銭を体験しました。

 

根が田舎者なので、当時はサウナがどんなものか、という事すらほぼ知らない状態だったのですが、初めて入って以来虜になり、その後約20年間、毎週のようにどこかの「サウナのある」スパ銭もしくは銭湯・温泉に通うようになりました。

唯一の宅外趣味みたいなもので節約好きの私でもここだけは未だに削ることが出来ません。

 

小売業は平日休みが多いので、平日料金の真っ昼間、しかもかなりすいてる状態で入れることは数少ないメリットかもしれません。

あの真っ昼間のテレビのあるサウナで主婦向けの情報バラエティを見ながらだらだらするのは、なかなかの至福の時間です。

本格的サウナーの方の中には「テレビは不要」「邪道」という方もいるかもしれませんがそこは個人の好みという事で(なお私は普段、自宅ではそんなにテレビは見ません。ニュースくらいです)。

 

で、初めて行ったスパ銭が「極楽湯」だったのですが、その極楽湯グループの多くの店舗でキャッシュレス決済が可能になったんですね。

 

10月から10%への消費増税のあおりを受けて、入浴料金が若干値上がりしたのですが、とりあえず来年6月までの時限措置で実質5%引きになるので、以前より入浴料が若干お得になるという逆転現象が起きてます。

 

なお、私の家の近くの極楽湯ではiD・楽天ペイ・suica・各種クレカが使用できるようです(他にもあったかも)

私はもともとガラケー時代からiDを頻繁に利用していましたので、恩恵にあずからせていただいてます。

※すべての極楽湯店舗で対応しているかは未確認です

 

ただ、脱衣所内の100円リターン式ロッカーや自販機は現金が必要でした。

 

私は個人的には現金を持ち歩くのが面倒と思っているので、さっさとキャッシュレス化が進んでほしいと思っています。

 

私の勤め先の店でもお客さんの半分以上が現金払いという感じで、次が電子マネー(体感3割)、その次がクレカ(体感5%)といった感じでしょうか。

 

釣銭として現金用意するのって、それなりの費用が掛かってるんですよね。

 

客の立場ではそんなことは関係ないと思う方が多いんでしょうが、運営経費・販管費を間違いなく押し上げる要因になっています。

見方を変えれば「じゃあ現金だけにすればいいじゃん」という人がいそうですが、作業が増えるだけで管理側からすればキャッシュレスの方が手間がないし、管理にかかる時間・人件費・管理費用を別の科目(商品の値引き原資など)に充てることが出来ます

 

全体がキャッシュレスになれば、各カード事業者手数料だけで良くなるのと、レジでのスピードアップが期待できるんですけどね。

 

また、電子マネープリペイド式は撲滅して全てポストペイ式にしろよと言いたい。

レジチャージでもたつく人の多いことといったら…

多分小売業でレジ経験のある人はわかっていただけるでしょう。

 

でも若年層とかブラックリストの人のこともあるから無理なんだろうなー

若年層向けに、親が事前に決めた金額だけ使用できるポストペイ式カードとか出来ないものですかねー。

 

なお、ブラックリストに乗るような人は現金のみの店を探せばよろしい。

逆にそういう店は割高になるようになってほしい。

 

 

全然スパ銭と関係ない話になってしまいました…

 

極楽湯HD(2340)さんには、是非自販機やコインロッカー・店内飲食店その他もキャッシュレス化をご検討いただきたいものです

 

それでは、また。