45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

5,000万 アーリーリタイア

 

おつかれさまです。

 

Googleで「5,000万」と入力すると、マンション販売に関するページや準富裕層などの解説記事に混じって、「アーリーリタイア」や「セミリタイア」の記事が検索結果として出てきます。

 

5,000万円…キリがいい数字ですしわかりやすく、かつ普通のサラリーマンでも何とか到達できそうな資産額、という感じでしょうか。

 

5,000万の金融資産があったら、何らかの投資や運用などをして利回り4%で回して年間200万、税引後約160万、確定申告等を駆使して実質手取りを底上げし、税金対策を実施すれば単身者ならフルリタイアでもなんとか行けなくもないような気がします(もちろん不確定要素は多分にありますが)。

 

実際、アーリーリタイアを実行されている諸先輩方のブログ等を拝見すると、ピンキリでしょうが資産5,000万円程度が分水嶺となっている感があります。

 

私の目指しているポイントもこの「5,000万」という金額です。薄給のため、今のところまだこの域には到達できそうもありません。

 

今後、私の月間家計簿等も徐々に書き留めていこうと思っていますが、実際のところ自身の年間支出額を総括すると、ここ6年間で3か所の転勤を経験しましたが概ね「130-160万円/年」の間で推移しています(投資などの種銭支出は除く)。

 

生活状況としましては

・一人暮らし(妻子なし・慰謝料等支払いなし)

・車あり(5ナンバー小型車クラス)

・各種ローン、奨学金返済等の負債なし

・賃貸(ただし家賃給与天引き 実質自己負担3万/月 駐車場込み)

・車がないと生活できない公共交通機関の不便な地方

・冬は若干の積雪アリ

といった感じです。

 

アーリーリタイアを実行するとしたら実家に帰り、固定資産税の支払いのみで家賃を払わない生活になります(7万/年程度)。車は普通車から4ナンバー商用車に乗り換えるつもりです。

 

投資は下手なりに06年頃から実施をしています。小心者のためフルインベストメントはなかなか実行できずにいます。現況70%くらいがリスク資産です。

 

5,000万フルインベストメントでリターン5%、税引200万手取り程度になったら仕事即辞めしても何とかなるなー、などと毎日仕事中に空想しています。

 

実際のところは金額よりも気持ちの問題なのかもしれませんが、当面はここを到達目標として日々の生活を送っていきます。

 

それでは、また。