45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

2020年5月31日 ANAカードリストラのためマイル全消費

 

本日の支出 692円(当月度支出累計/予算 16,098円/110,000円)

・食料品 692円(クレカ)

 

本日の体重 60.8㎏(前日差 +0.8㎏)

本日の体脂肪率 19.0%(前日差 ▲0.5%)

 

本日の運動

・腕立て 30回×1セット

・エアロビ弱 約12分×1セット

・歩数 15,898歩

・ハンドグリップ 50㎏×20回×左右1セット 30㎏×20回×左右1セット

 

 

ずいぶん昔にANA株を購入した後、どうせだったらANAマイルも貯めてみるかという事で「ANA VISA Suica」カードを作ったのだが、結局は自分には合わなかった。ドケチ生活ばっかりしているのでそもそもマイルが貯まらない。1年間だけメインカードにしてみたのだが、結局1万マイルもたまらなかった。

 

ANAマイルは仕事でANAの飛行機に乗る人やプチ富豪、出張が多い人などにはいいのだろうが、所詮自分のような田舎住みのドケチ人間には貯めても使いどころがないというのが正直なところ。唯一「モバイルsuica」の年会費利用料がこのカードに紐付けしているとかからなかったのだが、Googlepayの登場やモバイルsuicaの規約変更でそのメリットも消し飛んだ。いまやカード手数料を払ってまで維持したいカードでは無く、死蔵に近い状況だ。

 

そんなANAsuicaカードに、約7,000マイルの残が残っており、そのうちのカード更新時ボーナス1,000マイルが5月末で失効するという事で、なんだかただ期限切れにするのも面白くないという相変わらずのドケチ感が働き、少し追加の支出が発生してもいいから消費しきってやろうという衝動に駆られた。

 

仕事から家に帰りついたのは午後10時50分頃。あと1時間で1,000マイルが失効してしまう。ヤバい。何を買うか?などと普段の自分ではおおよそ考えられない浪費感覚が湧いてくる。ANAマイルを貯めている人なら知っていると思うが、ANAマイルでショッピングができる「A-style」というサイトがある。ハッキリ言ってここはAmazon楽天で買うよりも割高なので、普段は使うことがないのだが、いわゆる「ミドルクラス」以上の人が利用する(と思われる)ANAだけあって、あまり変なものは置いていない。ある意味、世の中で無難に選ばれているもの(ブランドなど)がどんなものなのかを調べるときには、この手のサイトは役に立つ。

 

しかし7,000マイル程度で購入できるものなどたかが知れている。選択の幅は少ない。最初、家にあるテフロン加工フライパンがもう10年くらい使っていて限界を迎えているので「柳宗理 鉄フライパン」の25センチのやつ(しかも送料別 8,200円くらい)に目に行ったのだが、念のためAmazonで確認すると5,000円しないくらいの値付け。んー、やっぱり割高だ。送料勘案してもここで買うのはちょっとなぁという感じ。

 

そんなことをしているうちに日付変更まであと30分もない。うあっ、やべーじゃん、さっさと決めないと、、、という事で、こういう時の選択肢「保存のできる食品」に目が行く。

 

そうすると、送料無料で「堂島カレーセット 8食分」を見つけた。7,500円くらい。堂島カレー、、、あの関西の方の奴かな?などと思いながら、これなら保存もききそうだし、普段の自分だったら絶対買うようなものじゃないけれど、実支出が1,000円未満に抑えられるしということで、念のためここでもドケチ精神を発揮してAmazon楽天などで同商品を調べると、あまり変な値引きはどこでも行っていない。リサーチしまくればどこかメチャクチャ安いところもあるかもしれないがワンプライスに近い商品のようだ。

 

 

 

結局10分くらい散々高速リサーチをしたあげく、この堂島カレーセットで注文完了。マイルは「全部使用」でポチる。この時夜の11時50分。間に合ったー。この注文で「7マイル付与されます」と出たがこれはご愛敬だ。仕方ない。実額支出は692円。まぁこれくらいならいいだろう。

 

我ながら本当にみみっちい事で悩みまくるなぁなどと思いつつ、普段とは違う金の使い方をある意味楽しんだ1時間となった。別に今のところこれを買おうと思えばいつでも買えるけど、でもやはり「45歳でのアーリーリタイアを目指す」大目標のためにはひとまずは欲望の発散は最小限に、1円のカネでも出来るだけ有効に使ってきたいものだ。