45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

2020年5月6日 帯状疱疹?疑惑

 

本日の支出 0円(当月支出累計 25,172円)

 

本日の体重 60.2㎏(前日差 +0.7㎏)

本日の体脂肪率 18.9%(前日差 +0.8%)

 

本日の運動

・腕立て 30回×1セット

・エアロビ強 約10分×1セット

・歩数 13,355歩

・ハンドグリップ 50㎏×15回×左右1セット 40㎏×10回×左右2セット

 

3日くらい前から上半身に謎の発疹が出始めて、今日仕事行く前にシャワーを浴びようとしたときかなり広範囲に渡って出ている状況になっている。出始めの時はさして気にも留めなかったが現状はかなり「斑模様」のような感じだ。

 

痒みもないし痛みもない。熱が出ているわけでもない。念のため体温を測ったが36.0℃だった。しかし赤く発疹が出ている。いったいこれは何なのか。最初様々な可能性を疑った。家サウナやった時の掃除が不十分で洗剤かぶれでも起こしたか?何か変なものを食っただろうか?もしかして麻疹?風疹?

 

自分の記憶を辿って思い返すと、熱はないものの「水ぼうそう」に罹患した時の見た目とよく似ている。普通水ぼうそうは小学生くらいの時までにかかるか、ワクチン接種などをしているかというケースが一般的には多いようなのだが、自分は忘れもしない大学2年の20歳の夏に発症し、しばらくバイトも行けなかった。授業に関しては夏休みだったのが幸いした。

 

大人になってからの水ぼうそうは悪化の度合いがひどいと言われるが、確かにこの時は熱が39℃くらいまで上がり発疹が顔から上半身から下半身から、全身に出て痒みもひどく、しかも跡が消えるまで3週間くらいかかったと思う。あの時は本当に嫌な思いをした。今でもこの時罹った時の発疹の跡が肩とか腕に3か所くらい残っている。自分らの年代は風疹とか水ぼうそうとかのワクチン接種が義務化されていないらしく、結構大人になってから発症している人も多いんだとか。去年実家に自治体から「風疹」予防接種の無料クーポンが届いている。

 

今回は発疹の見た目が水ぼうそう罹患時に似ている。幸いなのは顔や下半身には出ていないのでパッと見は他の人に気付かれることは無い事か。しかしこれはいったい何だろうと思って調べると、おそらくは「帯状疱疹」の可能性が高いような気がしている。ただ、自分の知っている限り帯状疱疹は高熱も伴うというようなことが多いらしいのだが今回自分の場合それは当てはまっていない。ただ、帯状疱疹の場合程度が軽いと発熱がない場合もあるようだし、かといって麻疹や風疹だとほぼ高熱が出るらしいのだが今回は全く無縁な感じだ。

 

既に母親が他界しているので、自分自身が今まで麻疹や風疹の罹患歴があるのか調べようがなく、ワクチンの接種歴も不明だ。個人的考えで帯状疱疹の軽いやつ、という事なんではないかと判断した。

 

やっとスーパー銭湯やサウナの営業自粛命令が解かれて、明日から早速営業を始めるところもあるので、7・8日と連休のため行こうかと思っていたのだが、あまりにもこの発疹の見た目がエグいのでさすがに行けそうもない。しかし帯状疱疹に罹患するくらいストレスが溜まっていたんだろうか。自分ではそんな感じではなかったのだが、もしかしたら外出自粛や部下が辞めたことによる業務過多で自分でも知らず知らずのうちにストレス過多になって免疫力が落ちていたのだろうか。

 

発疹自体は徐々に引いてきているような感じなので、発熱もないしほっとけば治るだろうという感じで見ているが、サウナに行けないのがつらすぎる。仕方がないので2日間の休みはおとなしく内籠りをしていようかと思う。相変わらずタイミング悪いわ、自分。