45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

最近のNHK(地上波)は本当にクソ

 

おつかれさまです。

 

皆さんは昨今のNHKについてどうお思いでしょうか。

 

私は20代の中頃までテレビが結構好きでした。テレビによる洗脳をまともに受けていたといっても過言ではないほどです。

 

その中でも、NHKのドキュメンタリーなどを好んで見ておりました。

 

また、「秀吉」あたりまでの大河ドラマでその辺の日本史に興味を持ち、そういった知識を得るきっかけとなっておりました。

 

ところが最近はどうでしょう。

 

民放でやればいいようなバラエティ、稚拙な脚本のドラマなどが幅を利かせていて、かつての面影はもはやありません。

 

「ドキュメント太平洋戦争」とか「映像の世紀(初代)」とか、「シルクロード」とか、そういった見ごたえのある番組が減っていやしませんか。

 

紅白とか最近の大河ドラマなんか、もう見るに堪えませんね。稚拙すぎて。

 

NHKはニュースとドキュメンタリーだけやってりゃいいんじゃないかと思う私にとって、今の地上波NHKはカネを払う価値がないに等しいと感じます。

 

昨今、一時話題となったN国の主張まで過激ではないものの、今のままのくだらない情報垂れ流しをするのであれば本当に一度ぶっ壊れたほうがいいんじゃないかとすら思います。

 

そういう意味においては、まだBS1の方がよっぽど良心的な番組を流しているような気がします。

BS世界のドキュメンタリー

・東京マーケット情報

ワールドニュース(これは海外ニュースの垂れ流しですが)

BSニュース

このあたりはかつてのNHKっぽさが残っていてまだ許せるのですが。

 

いずれにしても、一方的にくだらない番組を垂れ流して「地上波」は絶対、BSはアンテナついてりゃ金払え、というのではそりゃあ納得しない人も増えるだろう、ってもんですよ。

 

まあ、見なけりゃいいだけなんでしょうけどね。

 

私は、現状のNHKならBSのみだったらまだ納得して払いますが、おそらくそんな契約は不可能でしょうから、現在の体たらくが続くようであればそのうちテレビは捨てるつもりです。

 

テレビがなくなっても、今の世の中困ることは無いでしょうし。

 

そもそもNHKドキュメンタリーは、DVDの貸し出しという形で近所の図書館に置いてある確率が高いしね。

 

「皆さまのNHK」を標榜するのであれば、出資者の声は真摯に聞くべきだと思いますけどね。

 

セミリタ界隈では、テレビなんかまったく見ない人の方が多そうですが、私もそうなる可能性は高いものの良質なドキュメンタリーは見たいので、NHKにはそういった意味ではまだ若干の期待をしています。

 

ついでに言えば、なんだかこれも一時やたらと見た「チコちゃん」とかいうキャラのやつ、あーいうのは私は大っ嫌いです。あんなのは民放でやれよ。そもそも言葉遣いが下品極まりない。ツイッターとかネットで称賛していたのは業者の息がかかったステマだと思ってます。

 

日本においては、腐った組織の自浄作用を求めるのは難しいのでしょう。

あー、嫌ですねぇ…。

 

ただ、NHKラジオ第一は許せます。あれはなかなか有用性が高いので。聴取料も無料ですしね。

 

それでは、また。