45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

40代前半の男がモデルナワクチンを打った結果(1回目)

 

個人的にあんまり話題にしたくないコロナ絡みの話ですが、私の体験談が誰かの何かの役に立つかもしれないので書いておきます。

 

掲題の通りですが、私は一回目のワクチン接種を半月ほど前に完了しました。

 

いわゆる自治体の集団接種、っていうやつですね。私の住民票を置いている実家の自治体では7月末に接種券が送られてきました。私の年代の進行状況としては極端に早いわけでもないでしょうが、かといって遅くもない、って感じですかね。東京の方では最近フリー年代対象の集団接種に多くの若年層が押し寄せたって言っているくらいですから、まだ早い方なのかな。

 

ネットか電話で予約しろとなっておりましたので、とりあえず券が届いた翌々日くらいに、8月中旬のお盆の最中の日程で見てみたら20枠くらいが残っているとのことだったため、丁度そのタイミングで休みでしたので予約を入れました。接種時間は午後2時頃の指定です。

 

当日は自治体の体育館に行き、予約した時間通りに会場に誘導され、各人の距離を充分に空けた接種会場に案内され、口頭による問診のあと左肩にワクチン接種、少し離れた待機スペースで15分の休憩(様子見)を指示され、スマホを見ながら時間潰して15分経ったらはいオッケー、みたいな感じで会場を後にしました。

 

接種の時にはほぼ痛みは感じませんでしたし、特段違和感というのも無かったです。念のため接種後に「飲料」と「カロリーメイト」的な食品、あとはヨーグルトなどを購入し、帰路につきました。

 

その後しばらくは特に何ともなかったのですが、接種から約6時間後の午後8時頃、何だか左腕に妙な違和感というか筋肉痛が出てきます。お?これが副反応か?などと思いながらも左肩から左肘の間に感じる違和感・筋肉痛以外には全く何の変化もありません。食欲が無いという事もないし、発熱もありません。この日はとりあえず夜10時頃にさっさと寝ました。

 

翌朝6時。普通に目は覚めたのですが左腕が妙に重い、というか、昨日感じた左肩から左肘までの間が半端ない筋肉痛感があります。左腕を自分の肩より上にあげられません。痛くて上げられないのです。しかしながらその部位以外は全く何の問題もない。発熱もないし食欲もある。ただただ左腕のその部位だけが筋肉痛&麻痺しているかのような感覚でした。でも、左手自体は動かせますのでキーボードを打ったりすることは問題なし。この症状は一日中続きました。

 

翌々日の朝。まだ左腕の方から肘までがやや痛いですが、前日よりはだいぶマシ。違和感はありますが左腕も肩より上に何とかあげられるようになってきました。少しの違和感を感じつつも、盆明けの職場へ。業務中に段々と左腕の違和感は消失していき、結局接種から2日後の夜くらいには特に違和感は感じなくなりました。

 

接種から3日目は特に何も感じません。あの筋肉痛は何だったんだ?というくらい何も感じませんでした。結局、接種日に買った飲料やカロリーメイトっぽいやつは、接種とは関係なしにオヤツとして消費しました。

 

私の場合は上記のような流れとなりました。人によっては痛みが半端ない!とか発熱が~!とかいろいろあるようですが、私の周りには同年代で接種した方がおらず身近な人の体験記は高齢者を除き確認出来ていません。また、私の周りの高齢者は全員がファイザーのワクチン接種だったので個人的にあまり参考になりませんでした。

 

で、山場となるであろうと予想される「モデルナワクチン第2回」の接種レポートに関しては、予定が9月中旬になっておりますのでこちらについても後日報告をしたいと思います。