45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

普通ってこんな感じなの?

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

年度初めだからか、それとも転勤したばかりでリズムが掴めていないからか、残業の日々が続いております。

 

私の最近の生活スタイルは、朝5時50分頃起床、朝飯を食いシャワーを浴びニュースを見聞きしつつ8時頃家を出てバスに乗り、8時40分頃職場につき、夜7~8時くらいに終わり、夜8時~8時半頃に家に帰り着く、という感じが続いております。仕事に関連する拘束時間は通勤含めて約12時間、といったところでしょうか。

 

転勤前の職場では店という特性上、昼12時半に家を出て夜10時半に家に帰ってくる。残業はほぼゼロかあっても微小、という感じでしたので拘束時間は約10時間でした。

 

現状、拘束時間が2時間増えているだけでも辟易しているわけですが、たまたまなのかもしれませんけど私のアパートに住んでいる人の様子を(見ようと思っているわけでは無いですが)眺めていると、皆さんそれ以上の拘束時間のようで・・・

 

土地柄か通勤は車を使用している人が多いようなのですが、アパート駐車場の車は私が家を出る朝8時ころにはほぼありません。

 

で、私が家に帰り着く夜8時台にも車は全くありません。

 

で、日曜日の朝8時頃には全部が全部ではないですが、駐車場に車がズラーっと停まっている、と。

 

これが何を意味しているかというと、多くの人は仕事に関しての拘束時間(通勤含む)が12時間どころではないのではないか?という事です。

 

もちろん他人様の生活スタイルを伺い知ることはできないわけですが、少なくとも平日に関してはこの光景が繰り返されていることから推測するに、そういう方が多いのは事実なのではないか、という事です。

 

しっかし現状の自分のスタイルですら「すごくかったるい」と思っているのですが、私はまだマシなんでしょうか。

 

転勤前の職場は生活リズムが夜型なのであまり身体的にはよろしくない部分はあったのですが、冷静に考えると仕事嫌いの自分にとってはまだマシだったのではないか・・・。

 

何だか最近はリタイアに関する話が全く無く逆に仕事に関する話ばっかり書いてしまっているのですが、しかしこの世の中、技術の進歩に伴ってもう少しみんながラクできるように変わって行けないもんだろうか、などと考えてしまったのでした。