45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

2020年ふるさと納税③ 秋田県湯沢市 石孫本店味噌詰め合わせ

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

過日11月20日ブラックフライデー中の楽天お買い物マラソン期間、今年度の残り枠を使用してふるさと納税を実行しました。

 

毎年このふるさと納税枠はおおよその年収推定で行うため若干の誤差は出るのですが、調整枠として5,000円分の寄付枠の物を探しておりました。

 

私自身は「普段の食費の軽減のため」にふるさと納税枠を活用しているため、通常は炭水化物系の物を探すのですが、5,000円だとどうも中途半端感が否めません。

 

そこで「調味料はどうか?」と探していたところ見つけたのがこの秋田県湯沢市、石孫本店の味噌詰め合わせです。別に自身が東北に住んでいるから贔屓にしたというわけではないのですが、4種類入っていてオトクそうに私の目には映りました。

 

 

私自身、インスタントみそ汁は毎日、朝食の「ごはん」「納豆」と共に主力として食しているのですが、自身で調理してみそ汁を作る、と言う事は普段殆どしていません。

 

しかしながら、最近寒くなってきたこともあり、鍋の季節でもありますから調味料としての味噌があればそこそこ食費を抑えつつ体を温めることが出来るのではないかと考えました。

 

で、11月末に湯沢市からヤマト便が届きました。

 

f:id:agretire:20201203215638j:plain

 

「感謝」のシールが箱のど真ん中に貼られております。

 

で、中身はこちら。

 

f:id:agretire:20201203215704j:plain

f:id:agretire:20201203215719j:plain

f:id:agretire:20201203215733j:plain

 

パッケージはやや小ぶりの1パック400g程度の味噌が4種類。原材料は全て米・大豆・食塩のみでその他添加物一切なしの本格派のようです。私自身は普段ここまでの味噌は買ったことがないような気がします。

 

で、せっかくですので早速トン汁でも作ってみようかと、写真にある「五号蔵」という白いパッケージの味噌を使って、豚肉・大根・人参・ゴボウ・豆腐・ほんだしを使って、昨年の夏購入したパナソニックの圧力鍋SR-P37を使って作りました。

 

この豚汁の写真は撮り忘れてしまったのですが・・・めちゃうまい!

 

この「五号蔵」は甘口仕立てのようなのですが、大豆の粒が感じられるタイプで非常にまろやかな口当たり。トン汁は、まぁだれが作ってもそこそこウマいものができるとは思いますが、自作したものにもかかわらずドンブリで一気に三杯食ってしまいました。

 

ちなみにあくまでも自分の感想ですが、キュウリにこの味噌を付けて食うとか、焼きオニギリの調味料として使ってもかなりいけるのではと直感しました。

 

私はこのふるさと納税で初めて知ったのですが、この石孫本店さん、ネット上の評判などを見ると昔からの蔵出し製法で作られている非常に真面目な会社さんのようです。

 

まだほかの3種類の味噌については開封していませんが、甘口・甘辛口・中辛口といった感じのラインナップになっており、それぞれに楽しめそうな感じです。個人的にはリピート大アリです。

 

いやー、普段炭水化物ばっかりに目が行っておりましたが、保存がきくという意味ではこういった調味料系も良いかもしれませんね。野菜などはその時々で旬のものを買って、その調味料を使いごはんのお供にする。普段の食のバリエーションが広がるかもしれませんね。どうせタダみたいなもんですし。今後はふるさと納税のチョイスの際は、味噌や醤油などにも目を向けてみようと思ったのでした。