45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

低年収でも貯められる人は貯められる

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

今日はやや酔って書いていますので、支離滅裂文体となることをお許しください。

 

私は以前から、カネにまつわるネット記事や書籍を読むのが好きだと言う事を書いてまいりました。

 

私自身の事を言うと、世間的にはどうなのかわかりませんが42歳でサラリーマンとしての年収は500万ちょうどくらいです。東北在住とはいえはっきり言えば少ないほうじゃないでしょうか。

 

そもそも年収がここに到達したのは約3年くらい前、奇しくもアーリーリタイアを志向しだした頃で、しかもそこからは全く上昇していません。23歳から30代にかけてのリーマン年収は280~450万程度。しかもこの間のうち27~29歳の時は転職し保険屋やニート的生活をしていたこともあり、その頃は年収100万円台だったこともあります。

 

29歳8か月の時に今の会社へ入社。うろ覚えですが30歳の時点で証券・銀行口座にあった資産総額は500万程度(証券400万・預金100万)、負債は奨学金残債▲150万程度(38歳で完済予定)だったと記憶しています。その後、2016年2月からマネーフォワードを使い始め、総資産額の推移の記録を残すようになりました。

 

で、今から約5年前(37歳)、2016年2月の総資産を振り返ると約2,600万となっています。この時点での負債はゼロです(ローン類は一切無し。奨学金は33歳の時、報奨金目当てで繰上げ返済しました)。以下はマネーフォワードより、その時点の資産構成グラフ図の一部です。

f:id:agretire:20201124221031j:plain

(※このグラフには「公的年金資産」「個人年金及び終身保険解約返戻金」は含んでいません)

 

で、私は薄給でしたけどこの間、アベノミクスの恩恵を受けたと言う事もありますが、平均して年間250万くらいのペースで資産の積み増しが出来ていたと言う事になります。ただ、貯蓄できない人からの称賛や嫉妬交じりの言葉をを浴びたいのではありません。

 

言いたいことは一つ。「貯めようという意思があれば貯められるだろ?

 

一人暮らしの人が「生活が苦しい」とか「貯蓄しようと思うのだが出来ない」とかいうドキュメンタリー番組とか、ネット記事とかあるじゃないですか。やらせや誇張はあるかもしれんけどね。ただ、あながち世の中にそういう人がいないとも言えない感じはしてます。

 

で、無論個々の様々な事情はあるんでしょう。あるんでしょうけど、こういうのを見たり読んだりするたび私は自身の経験から、「なぜ?」という印象しか持てないんですよ。何でかというと自分自身は薄給だけどここまで出来たから。この私の年収ですら「高いだろ!」とかいう人がいたらそれは何とも言えないけど、転職転社したらいいんじゃない?私は底辺小売で通算累計約17年間忍従してきてこの結果ですから。努力とまでは言わないけど、クソみたいな環境でも我慢してましたよ。だって私は、特筆して出来る事が何もないからね。土日GW盆暮れクリスマス正月その他祝日、ほぼ全て仕事でしたけど、自分の能力が無いんだから仕方ないって思ってました。楽しそうな家族連れとか同い年くらいの奴らを見ながらね。

 

女性の場合だと若干様相は異なるかもしれません。化粧とか美容にどうしてもお金がかかる面は否定できないからね。

 

ただ、男女差別をする意図はないですけど、男で一人もんだったら余裕で出来ますよ。私自身が証人だ。

 

親への仕送りでそんなに貯められない?親は親、自分は自分だろ?成人したら生計は別だよ。そんなのは五体満足なら親本人の責任だ。「蓄えあるんだろ?年金貰ってるんだろ?」って言って突き放してやれ!「育てた恩義」を持ち出すようなら、「そんなのは義務だろ?」と言ってやれ!

 

兄弟姉妹の学費生活費の仕送りでそれどころじゃない?いやいや、学生にはバイト勧めて奨学金借りさせろよ。卒業後に返済を通してカネに関する勉強になるぜ?普段どうやってやりくりするか、ものすごく生きた勉強になるぜ?甘やかすから覚悟が無くなるんだよ。自分の生活で精いっぱいだって言って突き放してやれよ。「おまえはいつまで甘ったれてるんだ?」って言ってやれ!後で感謝されるぜ?少なくとも私はそうでした。

 

結局「貯めたくても貯められない」とか言う奴は、周りのせいにして行動してないだけなんですよ。それで文句言ってても始まらんでしょ。節約系ブロガーさんの記事を片っ端から読みまくって真似しまくるんだ!私はこれで生活費の低減に拍車がかかりましたよ?ネット環境がない?文章読むだけなら格安simで余裕だ!スマホ?中古がメルカリとかヤフオクで1000円くらいからあるだろ?

 

今は昔と比べて本当に安くて便利なサービスがたくさんあります。これらのサービスを提供している企業には本当に感謝、感謝です!これらの利便性を享受しつつ、知恵と工夫で生活費を下げ、収入からの天引きで積立定期でもやれば誰だってまずは100万、継続すれば300万くらい行けるはずです。もし私のこんな戯言ブログを見ながらも貯蓄に精を出している方、必ずあなたはもっと貯められます!大丈夫です!こんなクソみたいな私ですら、今5,000万が見えてます。私より多く持っている方も沢山いらっしゃる事でしょう。素晴らしい!私も早く貴方と同じ景色が見たいものです!

 

あっ、結婚して家族持ちの人ことは知らんよ、だって語りようがないから(´・ω・`)