45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

2020年に向け食料が届く(ふるさと納税 秋田県仙北市)

 

おつかれさまです。

 

先日、私のふるさと納税に関する考え及び、秋田県仙北市に寄付をしたという話を書きました。

 

 

楽天ふるさと納税にて12月の初旬に実施しましたところ、それから約3週間といったところでしょうか、届きました。28,000円×2口=56,000円分です。

f:id:agretire:20191223000648p:plain

箱に入ってお届け

配送はゆうパック便にて。配送日に関しての連絡は無かったので、たまたまシャワーを浴びていた時に一度配達の方が来たらしく、不在票が入っていました。配達員の方、申し訳ありません。

 

私の家に届ける分だけで計60キロを運搬させ、しかも無駄足を運ばせてしまった事には少々罪悪感を感じております。事前にわかっていれば配達時間変更とかしたんですけれどもね、今回は家に居たのにタイミングが合いませんでした。

 

とにかくまあ、デカいし重い。私もとりあえず「これで1年分の食料になるなー」などと、体積の事をあんまり考えずに頼んだものですから、普段あまりモノがなく殺風景な私の部屋に於いては、異様な存在感を放つ大きさの箱が届いたような感じでした。

 

で、開封した写真がこちら。

f:id:agretire:20191223000706p:plain

30キロ 玄米 秋田県仙北市

で、お手紙も同封されていました。

f:id:agretire:20191223000722p:plain

お礼状?的なお手紙がありました

画像では大きさが伝わらないかとは思いますが、弧男の殺風景な部屋にいきなり60キロ分のコメが到着すると、ここまで存在感があるのかというような状況になっております、、、自分の体重と同じくらいの重さですからね、、、。

 

一袋(30キロ分)はシンク下のスペースに何とか格納しましたが、もう一箱は格納する場所がなく、仕方がないので日の当たらない部屋の片隅に段ボールに入れたまま置いておくことにしました。

 

いやー、しかしふるさと納税で食料を視野に寄付をするのであれば、年末に一気に行うのは考え物かもしれませんね。サラリーマンだったらある程度収入見通しも立てられるところがあると思いますので、7月と12月あたりに分けてやったほうがいいかもしれません。狭いアパート住み弧男の場合は特にね。

 

でも、総収入金額及び支払い社会保険料の正確な見通しが立つのが年末ですから、そこら辺が悩みどころではあるのですけれどもね。

 

なお、先日のエントリーで「九州棒ラーメン」についてふるさと納税でゲットしようと思っていることをお伝えしましたが、「賞与が想定以上に少なかった」「確定拠出年金マッチング拠出分考慮」「各種控除フル利用」という状況で再計算しなおすと、薄給の私の所得水準では寄付枠が足りず実施が出来なかったことをお伝えさせていただきます。所詮、小市民の私の収入なんてこんなもんだという事を改めて感じる出来事でした、、、棒ラーメンを返礼品として用意されている九州の各自治体のご担当者様、来年こそは優先寄付を考えますので是非、商品はカットされませんようご期待申し上げますふるさと納税自体がどうなるかわかりませんけれども、ね)。

 

それでもこの60キロのコメがあれば、1年は余裕で食いつなぐことが出来るでしょう(鮮度面はやや不安がありますが)。節約カテゴリにおいてエンゲル係数低下の一翼を担うことは間違いありません。

 

私は、確定申告も状況によっては行おうと思っているのですが、別途届いた受領証明書に同封されていた「ワンストップ特例申請」も送っておけば間違いはないので、今日明日中には書いてポストに投函しておきたいと思います。

 

それでは、また。