45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

2020年5月14日 早朝仕事でお通じ改善

 

本日の支出 4,052円(当月度支出累計 46,447円)

・日用品 742円(クレカ)

・趣味娯楽費 480円(iD)

・食料品 2,830円(クレカ)

 

本日の体重 60.1㎏(前日差 ▲0.4㎏)

本日の体脂肪率 18.6%(前日差 ±0)

 

本日の運動

・歩数 17,856歩

・ハンドグリップ 10㎏×200回×左右1セット

 

今日は朝5時半起き、6時半出勤という超ハードモードでスタート。そもそも普段午後1時から出勤が多いので体がそれに慣れ切ってるのに、年に2回ほどこれをやらなければならないのがキツイ。昨日は「早く寝なければ」という気持ちの焦りで逆に寝つけず、しかし5時半にセットしていた目覚ましが鳴る1分前に目が覚めるというスペシャル体内目覚まし時計が発動。元々は朝型人間のため、いったん目覚めれば目的さえあれば体は動く。

 

かといって体調が良いというわけでもない。ややボーっとした状態で職場へ赴き、朝の6時半から棚卸の終了業務に関する処理を淡々と行う。会社によるだろうが自分の勤め先ではいわゆる棚卸業務は店を閉めている夜間に「エイジス(4659)」へ一部委託し、本社からいわゆる「偉い人」1名と夜間作業部隊数名が派遣され実施する。自分はこれらの進捗予定を立て、段取り決めと作業下準備を行う立場にある。

 

朝の出勤後、棚卸の進捗や自分がセッティングした段取りについては「偉い人」から「非常に良かった」と本音かどうかはわからないが一応褒め言葉を貰った。この「偉い人」は現時点で自分の仕事領域と直接の利害関係は無いが、全く知らない人というわけでもない。リタイアを目指しているとは言っても、基本カネを貰っている以上手は抜けない性格なので極力万全を期したつもりではあった。今回の夜間作業はノントラブルで終了したようだった。エイジス側からの評点も「オールA」だった。

 

いわゆる「偉い人」の応対を終え朝8時に送り出した後、フッと気が緩んだ時に猛烈な便意を催す。最近、スルッと出ずウサギの糞状態が続いていたためダッシュでトイレへ駆け込むと、久しぶりのバナナが産出される。たまに早起きして程良く緊張感があるとお通じには効果的なのだろうか。最近の体重増加はもしかしたらウサギ状態が続いていたからではないかと疑念を抱く。

 

そのあと午前中は棚卸書類の取りまとめや整理などをだらだらと行い、かなり丈の伸びてきた店の周りの草刈りをエンジン刈払機で1時間弱ほど実施する。エンジン刈払機を使用しての草刈り作業は結構好きだ。黙々と雑草をなぎ倒していると無心になれるし、こういう時にフッと日常の節約生活についてのアイディアが閃く時もある。

 

遅番→早朝コンボの後でもあるし、ド平日でもあるためいわゆる半ドンで職場を後にする。やや寝不足なのでどうしようか迷ったのだが、家でワイシャツの洗濯時に使っている「キーピング」が切れている事を思い出し、どうせ暇なのでマイフェイバリットプレイスの一つ、カインズホームへ出向く。

 

自分のリサーチの限りでは、キーピング詰替に関してはカインズが税込み298円で一番安い(ネット及び自分の生活圏の場合)のでストックも兼ねて2点購入。もちろん例外はあるが、大抵の日用消耗品はカインズ売価が自分の場合指標となっている。14時頃到着したカインズの駐車場はド平日の真っ昼間とは思えないほど車が停まっていて、駐車場の8割くらいが埋まっている感じだった。緊急事態宣言解除を見越したジジババが蠢きだしたのだろうか?

 

そのあと、どうせ時間があるのでさらにマイフェイバリットプレイスの一つ、極楽湯へ向かう。なぜかわからないが、いつもより100円安い金額で入れた。コロナで減った客足を戻すための大盤振る舞いかな?こちらは混みもせず、かといって閑散というほどでもない人の入り。サウナ水風呂3セット、昼寝1時間、風呂から上がった後マンガコーナーに「金田一少年の事件簿」が置いてあり懐かしくなって読みふける。マンガを読みながら総理の緊急事態宣言解除の報道を流し見した。

 

極楽湯を出たあと食料品を調達し、帰宅。今日は朝の腕立て・エアロビの運動はサボってしまった。まぁ今日は働き方としてイレギュラーだし、草刈りでカロリーは消費したのでたまにはいいだろうという事にしておく。

 

しかし当月度の残日数が10日あるにもかかわらず、フリー支出予算の残が13,500円程度とかなり心許ない金額となっており「予算内に収められるか?」という感じになってきた。今日は正直、棚卸が終わったことで少々気が緩み散財してしまった。反省。