45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

Audible試してみたけれど

 

今月中ごろ一般の方とはズレた連休を取得した際、自家用車で旅行に行きました。下道メインのドライブ時間が長いため車の中で何か時間つぶしになるものは無いかと考えていた時、たまたま「Audibleの2か月お試し無料提供」をやっていたので、物は試しとポチってみました。

 

Audibleとは何ぞや?という方のために一応書いとくと、本の朗読サービスみたいなもんです。1か月1,500円で結構な本の朗読が聞けます、多分。

 

その結果ですが、結論から言うと「私には合わない」と感じました。

 

この理由についてなんですけど、私の性格的なところもあるんですが「一つの本を聞き終わるのにかかる時間が長すぎる」という事でした。

 

タイトル名は忘れましたが個人的には結構好きな「厚切りジェイソン」氏の本の朗読があったので聞いてみました。大体4時間くらいでしょうか。聞いてみた感想ですけど、「読む分には良いんだろうが、聞いているとなんだかウンザリしてくる」といった感じでした。理由はうまく表現できないんですが、何だかモヤっとした感じが残りました。

 

普段全く読まない「小説の朗読」なんかも聞いてみたんですよ。「同志少女よ、敵を撃て」という、私ですらタイトルを聞いたことがある本が朗読として聞けるようだったので試してみたんですけど、10分で挫折しました(たしかフルで聞くと15時間とかの長さだったと思います)。

 

正直言って「登場人物が多すぎてわけわからん」状態になりました。全然名前が頭に入らず、「誰だっけ?誰だっけ?」みたいな感じになったんですよね。

 

あとは、これは小説でもビジネス本でも言えるんですけど、複数の登場人物のセリフを同じ人の声で喋るのが余計にわかりにくいと感じました。朗読している方は変化をつけているんでしょうが、個人的には???と思うシーンが非常に多く感じました(朗読している方を非難する意図はありません)。

 

これは単に私の脳ミソが退化しているからなのかもしれませんけれど、正直言って活字の場合は「理解を深めたいところはすぐ戻って確認できる」んですが朗読の場合はそれをやるためには巻き戻しの作業が必要なんですよね。スマホですからタップ操作で終わるんですけどそれがまた面倒くさいという。

 

特に車の中で聞き流していると「少し戻す」なんて作業は非常にやりにくいわけです。正直言って旅行の途中で「こりゃダメだわ」と思って使うのやめました。

 

あとは、ラインナップの中に「気軽に聞ける短めなやつが無い」んですよね。単に私が探していないだけかもしれないですが、検索が非常に使いにくいと感じました。個人的には「星新一ショートショート」が聞けないかなと思ったんですけど私が探した時にはありませんでした(今は知りません)。

 

なんて言うんですかねぇ、もう少し気楽に聞けるラインナップが揃ってりゃいいのにと思いましたね。結構私は車の中でYouTube再生して音声だけ聞いたりすることもあるんですけど、それは平気なのにAudibleは全然ダメでしたね。何が違うんだろうか。

 

多分ですけど、自分の興味の度合いもあるんですかね。まぁ合う人には合うでしょうけど私の場合は活字を目で追う方が性に合っているようです。2ヶ月無料だったのですがもう使うことは無いと考え既に解約の手続き完了しました。スマホからもアンインストール済。

 

ただ、YouTubeで個人的に繰り返して聞いている朗読があるので貼っときます。別にメチャクチャお上手、とかいうワケでもないんですが非常に聞きやすい。Saeko Yamashitaさん、結構好きです。全体的にチョイスも渋い!