45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

税務署からの還付金通知メール(詐欺でない)が届きました

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

 

先日、e-taxにて令和2年度分の確定申告を実施したことを書きました。

 

あれから約10日、営業日にして一週間というところでしょうか。「税務署からのお知らせ」という何ともそのまんまなタイトルでメールが届きました。

 

f:id:agretire:20210221104259j:plain

 

還付金を処理して振り込む予定の日程が決まったから、e-taxでログインしてお知らせを見といてね!的な内容でした。まぁほっといても入金はされるのでしょうが、せっかくわざわざ税務署から声を掛けてもらったことですし、いつ頃入金されるのかを確認するため、IDとパスワードを思い出しつつログインしてチェックしました。

 

 

f:id:agretire:20210221104406j:plain

 

手続きは2月25日の予定の模様。自身が申告を行ってから考えると今年は祝日が2回ありましたので、その点考慮すると丁度2週間で還付が行われる模様です。

 

とりあえずは、田舎のためクレカ払いに出来ない水道とプロパンガスの引き落とし口座に設定しているゆうちょ銀行に振り込んでもらいます。この口座はいつも2万円くらいしか入れてないのですが、概ね2ヶ月分くらいの使用料金と同等額です。

 

楽天住信SBIから振り込む手間が減ったので、若干の時間の節約になります。

 

去年もこんな感じで還付されて、そのあと特に税務署からの連絡もありませんでしたから、今年も特に何も起こらないでしょう。しかし家から一歩も出ずにすべての手続きが出来るのは本当に便利ですね。

 

ぜひ各種のお役所窓口業務関連は須らくオンライン化してほしいもんだと思いました。まぁ「セキュリティがー」とか言って遅々として進まないのが何となく目に浮かびますけどね。そういう考えが進歩を妨げると個人的には思ってますが。労基とか薬機とか保健所関係なんかひどいもんですよ。仕事で行くことが多々あるんですけど、あのへんはまぁ権威主義+前例主義が甚だしいですね。ここはクソの集まりか!と行くたびに思ってます。