45歳での雇われ脱却を目指す

日々感じたことを書き残しています

ゴーヨック(強欲)大家が駐車場代の便乗値上げを通告してきた

 

おつかれさまです。

 

 

私は現在転勤で2017年より某県某市の賃貸アパートに、会社借り上げという形で住んでおります。で、私の会社の規定では家賃は家族構成によって一律(独身の場合〇〇円、夫婦世帯の場合△△円給料より天引き、、、といった具合)で、賃貸に「駐車場付帯」物件の場合ですと給料からさらに3,000円天引き、「駐車場別」物件の場合は各自で借り支払いをする、という状況です。※部屋の間取りは家族構成により決められています。

 

で、現在私の入居している賃貸アパートは、建物の敷地内に駐車スペースがあるのですが「駐車場別」の物件となっており、その使用料が3,000円/月となっております。

 

この駐車場に関しては直接大家と話して借りたわけではないのですが、最初に入居するときに立ち会った不動産屋から「ここに毎月末までに駐車場代3,000円を振り込んでください」と一方的に紙を渡され、少々疑問は残ったものの入居より先月までその通りにしてきました。

 

そうしたところ11月の末に封書がポストに入っており、中には「来々月(1月)より先般の消費税増税に伴い、駐車場代を現行の3,000円から3,300円へと変更するのでこれからはその額を振り込め」的な内容が書かれていました。

 

これって便乗値上げですよね。消費税8%で税込3,000円だったのがなぜ10%で3,300円なんだと。3,000÷1.08×1.1=3,056円だったらわかるけど。

 

たかだか300円とはいえ年間にすれば3,600円の値上げですし、当地はどう見ても土地にそんな価値がないだろうという感じですから、バカバカしいので対抗措置を講じようと思って色々調べましたが、「駐車場別」契約の場合はあくまでも貸主側に価格の決定権があるようです。これは今回のケースで初めて知りました。大家もそれを見越したうえで通告してきているのでしょう。

 

唯一与えられた選択肢は「契約解除して敷地内の駐車場を使わない事」となってしまうようです。私は別に当地に住みたくて住んでるわけでもなく、単に転勤で来ているだけなので、たかだか月300円とはいえこのような便乗値上げは本当に頭に来ます。完全に足元見られてますね。

 

しかも振込手数料はこちら持ちです。まぁ私は月3回までは他行振込手数料無料のネット銀行口座を使ってますので負担は無いんですけど、それでもふざけんなって感じです。

 

車がないと生活に支障を来す地域において賃貸を選ぶ場合は、「駐車場付帯」物件にしたほうが今後良さそうである、という事を今回のケースで学びました。駐車場付帯の場合は家賃扱いになるようで値上げには双方の合意が必要らしいんですよね(もし詳しい方がいてこの見解が間違っているようでしたら訂正しますのでお知らせいただければ幸いです)。

 

つまり、車が生活に必須な地方の賃貸物件において「駐車場別」で営んでいる大家は基本的には強欲であると思ったほうがよさそうです。このような便乗値上げで一方的に行使できる手段を考えている場合があるんだなと。私は二度と「駐車場別物件」は借りません。まぁアーリーリタイアしたら実家に帰りますからそんなことを考える必要もなくなりますが。

 

全然関係ないんですが、この件があった時になぜか頭に「ゴーヨック」というゲームのキャラクターを思い出しました。で、この「ゴーヨックって何だっけ、、、FFじゃないしドラクエじゃないし、、、」などと考えても思い出せずググったら、実はPCエンジンの「天外魔境ZIRIA」でした。イヤほんとどうでもいい話でどうもすみません。

 

 

それでは、また。